自作地デジアンテナと地デジチューナーカード搭載パソコンでテレビを観る

どうも岡野です。
研究室合同の飲み会で「ルータの中の人」という一発芸をしました。
それ以降、「ルーターマン」と呼ばれています。
とくにこれといったハンドルネームも無かったので、routermanにしてます。
実際、ルータの研究をしてるので、まぁいいかなと。

研究室のパソコンでテレビが観れたらなーと。

目標
・地デジアンテナ自作
・研究室のパソコンにチューナーカード挿してテレビを観る。

ま、あんまり褒められたことじゃないですが。

地デジアンテナ自作

前々から、よく耳にしていた「地デジアンテナ自作」というワードでググってみた。
いろいろなサイトを見てみると、材料は地デジケーブルだけで、かなり安く簡単に作れるらしい。

とりあえず、日吉駅3階のダイソーで1m地デジケーブルを300円で購入。
(400円の2mにすればよかったと後で後悔する。)

実際に、作ってみた。

ちなみに、地デジケーブルの中身はこうなっている。ピンボケしてますが汗
同軸ケーブル

作り方は簡単で、
同軸ケーブルから銅線を剥いで、15cmずつ剥いで、
とりあえず、何でもいいので、長い棒に縛り付ける。

テレビで動作確認。

テレビで動作確認おぉ!映った!映った!

日吉なんで、とりあえずtvkはよく映ります。他は日テレがギリギリ映る。

矢沢さんも僕も広島出身です。

感度は悪いですが、とりあえず、第一目標は達成されたということで次。

研究室のパソコンにチューナーカード挿してテレビを観る

さてお次は、二つ目の「研究室のパソコンにチューナーカード挿してテレビを観る。」

これがなかなかややこしい。
研究室のパソコンはWindows8。一方、自分の持ってるチューナーカードはドライバWindows7にしか対応していない。
また、Windows7ではWindows Media Centerが標準搭載されていたが、Windows8では標準搭載していない。
今年の1月ごろに無償配布していたらしいです。。

というわけで、少しパーティション切って、Windows7をインストールしました。
そして、Windows Media Centerを起動して、初期設定。

そして、研究室のパソコンで動作確認。左に、自作した地デジアンテナ。右にWindows Media Centerで甲子園を観ているところ。
夢の研究室でのテレビ視聴

映りましたー。
実験はこそこそやりました。地デジが肉眼で見えるんでそこそこ感度はいいですが、

まぁ、簡単で1時間もあればでき、実用的なんで、夏休みの自由研究のテーマに困ってる人は、これとかいいじゃないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中