かわロボに参加し……たい(2)

こんばんは。続報更新するの忘れてました。

 

機体の進捗ですが、CADを完成させ、加工に入っております。

回路ですが、過去のモータドライバを参考にしつつ、新規に基板を発注することになりました。たぶんそのほうがラジコン用アンプを買うより安いです。都合によりマイコン載せざるをえず、面倒にはなっております(でも普段より楽ですね!)

しかしこの時期は学生は暇なのに職員さんが忙しく、工場を自由に使えないというのはいかがなものかと。。

機体の情報のほとんどは大会まで秘密となっていますが、無事出場できたら機体や回路について書こうかなと思っています。そういう情報、意外とネットには落ちていませんし。

 

コメント返しのコーナー

コメントがついたので。まとめると、生活支援ロボットならネタがいろいろあるだろう?ということですね。

一言で回答を言うならば、「コスパが悪い」です。

性能のいいモータは5000円ぐらいしますし、モータドライバ(動かす回路)も最低1000円ぐらいは必要、さらにはプログラミングも覚えて力学的にも動くようにする……かなりの時間コストもかかります。

「勉強だ」と思うと安いですが、「遊びだ」と思うとスマホの無料アプリが輝いて見えますw

このコスパ問題を超える欲求があるときに、「作ろう」と思えるのではないでしょうか。

ちなみにカーテン開け機は「蛍光灯の出力程度では起きないから」、米洗い機は「家事が面倒だから」という強い欲求があるからですね。無洗米?知らない子ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中