2017年度説明会案内と理工学部の第二外国語について

無事第一希望の学科に配属されましたishtarmk2です。

さて東大の合格発表も終わり2017年度慶應に進学する人の大半が入学手続きを行う時期ですね。ご入学おめでとうございます。
4月の頭に入学式が行われた後ガイダンス期間というものが三日ほどあり(今年は例年より1日短いです)、様々なサークルが勧誘、説明会を行っています。我々ロボット技術研究会(通称ロ技研)も説明会を開催するのでその日程をお知らせしようと思います。
4/4(火)12:00~13:00 J427(4号校舎2F)
4/5(水)15:00~16:00 J426(4号校舎2F)
4/6(木)12:00~13:00 D409(独立館4F)
ロボコンに使用した機体なども展示するのでぜひお越しください。時間外で話を聞きたいという方は食堂棟3F(通称たまり)のS-22までお越しください。
また、ロボット製作体験会及び食事会も計画しております。詳細な日程が決まり次第お知らせします。

さて先述の入学手続きですが、入学する皆さんが一番迷うのは第二外国語の選択ではないでしょうか。そこで、理工学部についてのみですが各言語の授業について記しておくことにします。

ドイツ語

理系学部の王道ですね。クラス数が最も多いのもドイツ語になります。(私も履修してました)
発音はスペルさえ見れば殆どすぐに判別できますし文法も英語と似ていてわかりやすいのですが動詞の不規則変化が多く覚えにくいのが玉に傷です。
利点としては純粋にかっこいいのとアニメなどでもよく使われていることでしょうか。魔法少女リリカルなのはのベルカ式デバイスの発言とかever17の各種施設名の意味とか銀河英雄伝説の「ファイエル」がどう間違ってるのかとかわかるようになります。あとキーボードクラッシャーとか総統閣下とか。
成績は平常点(宿題だったり小テストだったりクラスによる)と後期期末の統一テストで決定されます。後期の期末試験の科目が一つ増えるので少し面倒になります。

中国語

プリント基板のメーカーとか中国系のメーカーが多いので回路系を触るなら何かと役に立つと思います。文法は漢字を使う日本語よりむしろ英語に近いらしいです。ドイツ語と同様に統一テストがあるので後期の期末が面倒です。

フランス語

女子が多いとよく言われていますが興味のない言語を一年間履修するのは想像以上に苦痛だと思うので気を付けてください。興味のあったドイツ語でさえ動詞の暗記は苦痛でした。ワインが好きなら役に立つと思います。ドイツ語や中国語と違って統一テストはないので期末は多少楽になります(ロシア語や朝鮮語もありません)。

ロシア語

よく一番楽だと言われるのがこのロシア語です。言語としてはたぶん選択肢の中で一番難しいのですが担当の先生が優しいらしく出席してればCはくれるなどとよく言われます。ただこの先生が産休に入ったらしく少々事情が異なるかもしれません。カチューシャが歌えるようになるのでガルパンおじさんは取るといいのではないでしょうか。あとロシアのサイトでPCゲームがクッソ安く買えるらしいです。

朝鮮語

申し訳ありませんが身近に履修者がおらず全く分かりません。『攻撃戦だ』を歌えるようになるのは面白いと思います。

他に必修以外の般教枠としてアラビア語やイタリア語もあるのでシリアで聖戦士になりたい興味のある方は受けてみるといいのではないでしょうか。ドイツ語以外ガバガバですみません。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中