相模鉄道のVVVFインバーター音比較(超入門編)

こんにちは。ロボット技術研究会に所属しながら、ロボット知識が一向に増えないhakoです。ブログを書く日を1月4日にしたつもりだったのですが、そもそも12月25日までの企画だったようで、遅れてですが今書かせていただきます。

さて、早速ですが私もプログラミングの記事などを書きたい所なのですが、あいにくそのような高スペックな知識は持ち合わせていないので、相模鉄道を走る電車のVVVFインバーターの比較をしたいと思います。何の役にも立たないのでここから先は読まないことを強くお勧めいたします。

目標

相鉄線のインバーター音を聞いただけで形式がわかるようになりましょう。

新7000系

まずは新7000系です。現在運行している相鉄電車の中で、VVVFインバーターを採用している最古の電車となります。起動加速度は、2.5 km/h/s 。採用VVVFインバーターは、日立製GTO‐VVVFインバータを採用。モーターの歯車比は1:4.90となっています。VVVFインバーターの音色は、特に2,3回目の変音が独特で、日本中から鉄道ファンが聞きにいらっしゃいます。インバーターとはあまり関係がないですが、この車輌は日立式電磁直通ブレーキも採用していて、独特なブレーキ動作音を聞くことができます。

8000系

相鉄のVVVFといえば8000系でしょう。新7000系と同じく日立製GTO‐VVVFインバーターを採用しています。ただし、更新工事後は後に紹介する9000系と同じような音色を奏でる日立製IGBT‐VVVFインバーターに変更されています。新7000系よりもモーター車の割合が大きくなり(モーター車と付随車の比は6:4)、またブレーキ設備を改善したことによって、また安心感のある走りとインバーター音です。インバーター音は詳しく分けると二種類ありますが、慣れるまでは同じような音にも聞こえますので、入門編である今回は割愛させていただきます。起動加速度3.0km/h/s、歯車比は49:10です。

↑更新前日立製GTO

↑更新前日立製IGBT

9000系

当初は東洋IGBT‐VVVFインバーターを採用していました。とても独特でしたが、京急600系と少し似ている音色にも聞こえました。現在は全編成が日立IGBT‐VVVFインバーターへ更新されています。8000系の更新工事後VVVFと同じような音色ですが、モーターの独特な歯車の音で簡単に見分けはつきます。停車時には日立のIGBT‐VVVFインバーターによく見られる「プーン⤵︎⤵︎⤵︎」という音がしますが、これも他車ではなかなか聞けなく、独特の音色です。起動加速度は3.0km/h/s(本気を出せば関東最強とも言われます)、モーターの歯車比は49:9のようです。

10000系

「E231系のパクリでしょ?」→違います。ほぼそのままです。つまり、VVVFインバーターも山手線E231-500と同じで、三菱製のIGBT‐VVVFインバーターが採用されています。ヒュードロドロ・・・のような、「お化けインバータ」とも言われるインバーターです。ただ、モーター車と付随車の比は1:1で、少し音色も変わるようです。(私にはさっぱりわかりません。) 流石、JR様の車両なだけあって、駆動音はとても静かです。起動加速度は3.0km/h/s、歯車比は7.07です。

11000系

「E233系のパクリでしょ?」→違います。ほぼそのままです。インバーター装置は三菱製IGBT‐VVVFインバーター、起動加速度は3.0km/h/s、歯車比は6.06と、走行機器系はE233系0番台と同様です。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。相鉄のVVVFインバーターはこのようにとても個性豊かです。もう少し聞き慣れれば、日本を走る車両のインバーター製造メーカーを、聞いただけでわかるようになれるかもしれません!VVVFインバーター沼へようこそ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中