DesignSpark PCBからのFusion PCB発注手順 (Ver3での説明です)

DesignSpark PCBからのFusion PCB発注手順
(Ver3での説明です)

  • DesignSpark PCBのデザインをガーバ出力

    1. Output>Manufacturing Plotsをクリック

      Output>Manufacturing Plotsをクリック

    2. プロットの設定

      Settings for plotはDrill Data-Through Hole以外はすべてGerber
      Settings for plotはDrill Data-Through Hole以外はすべてGerber

      Drill Data-Through HoleはExcellonを選択
      Drill Data-Through HoleはExcellonを選択

      Layers、Settings、Positionタブの設定はいじらないでOKです。
      ただし、1つのレイヤに基板外形を入れる必要があります。

      1つレイヤを選択し(画像ではBottom Silkscreen)、Layersタブの[Board Outline]をYに、SettingsタブのUnplated Board Outlinesのチェックを入れます。

      この作業は一つのレイヤだけでOKです。
      FusionPCB4
      FusionPCB5

    3. Gerberのセットアップ

      Drill Data以外のレイヤを選択した状態でDevice Setupをクリック。
      Plotting Areaは10 x 10cm以内の基板ならTo: 6.000 6.000とかでOK。

      FormatのDecimalは4にしましょう。3だと細かい配線とかがずれる場合があります。FusionPCB6

    4. Excellonのセットアップ

      Drill Dataレイヤを選択し、Device Setupをクリック

      FusionPCB7

      Drill TableはExcellonの設定と同じ範囲にします。
      UnitsのDecimalも4にしましょう。
      OKを押して閉じたらSettingsタブのPlated Board OutlinesとUnplated Board Outlinesのチェックを外します。このチェックを入れとくと基板の外形情報がDrill Dataの中に入り、ソフトによってはNC DrillではなくNC Routeと認識されてしまうためです。

      FusionPCB8
      以上の設定がすべて終了したらRunをクリック。

  • 出力ファイルの確認

    デザインファイルと同じフォルダ内にガーバファイルが出力されているとはずです。

    ガーバファイルはガーバビューワーで確認できます。

    おすすめはGraphiCodeのGCPrevueです。

    これで問題なく回路が表示されれば発注しても大丈夫でしょう。

  • ファイル名の変更

    DesignSparkで出力した状態での拡張子は.gbrと.drlの2種類ですが、Fusion PCBへ発注する際はファイル名と拡張子を変更します。

    以下のように変更してください。
    Bottom Copper.gbr -> pcbname.GBL
    Bottom Silkscreen.gbr -> pcbname.GBO
    Bottom Solder Mask.gbr -> pcbname.GBS
    Drill Data – Through Hole.drl -> pcbname.TXT
    Top Copper.gbr -> pcbname.GTL
    Top Silkscreen.gbr -> pcbname.GTO
    Top Solder Mask.gbr -> pcbname.GTS

    pcbnameは以前は注文番号でしたが、最近はなんでもいいと思います。

  • 発注

    名前と拡張子を変更したファイルをまとめてZIPファイルにします。

    以前はメールでデータを出しましたが、最近は変わったらしいです。
    注文時にファイルを選択しアップロードします。

    詳しくはFusionPCBのサイトを参照してください。

  • その他

    • 僕の経験から、製造を開始するのは月、水、金のような気がします。
    • 製造開始からはだいたい平日5日で出荷されます。
    • 基板は香港から出荷されますが、最近はかなり時間を要する場合があるそうです。(最速でも発送後約1週間、一番遅かったときは約2週間かかりました)
    • 急ぎの場合はEMSかDHLにしましょう。(DHLは発送から3日で着きました)