マイコン講習会

ロボットの制御装置として、必ずと言ってもよいほど使われているマイコンの使い方を教える講習会です。
この講習会では、dsPICというシリーズのマイコンを使用します。
PICシリーズはマイコン自体の機能も豊富で、開発環境も使いやすく、非常に優れたマイコンです。
マイコンが使えるようになれば、あんなことやこんなこと、いろいろ出来るようになるので、乞うご期待!!

日程・場所

  • 2012年5月12日(土) 13:00~ @矢上12-101 終了
  • 2012年5月19日(土) 13:00~ @矢上12-101(10:00~ CAD講習会)終了
  • 2012年5月26日(土) 13:00~ @矢上12-101(10:00~ CAD講習会)終了
  • 2012年6月 2日(土) 10:00~ @矢上12-101(慶早戦が雨天等で中止の場合、13:00~)終了

講習会予定

*途中参加も大歓迎です!

第1部 電子工作入門 終了
マイコン基板製作(はんだ付け練習)
電子工作基本知識

第2部 マイコン入門 終了
開発環境の準備(MPLAB X IDE)
I/Oポート(出力)
I/Oポート(入力)
タイマー
割り込み
A/D変換
LCD

第3部 マイコン応用 終了
DCモーター(モータ制御PWM)
サーボモーター
シリアル通信(UART, SPI, I2C)
QEI

必要なもの

ノートパソコンを持っている人は持ってきてください。
可能な限り、第2部テキストを参考にMPLAB X IDEをインストールしてきてください。

あると便利なもの

  • はんだごて・こて台(使い慣れている物があれば)
  • PICkit2 もしくは PICkit3 (数台用意しますが、自分専用のがほしい人は各自購入してください。PICkit2:3500円, PICkit3:3900円@秋月)

テキスト

第1部 電子工作入門
fileMCU2011_1.pdf

第2部 マイコン入門
第2部・第3部テキスト(MCU2012_rev7.pdf)
fileMCU2012_rev7.bat
fileMCU2012_rev7.000
fileMCU2012_rev7.001
fileMCU2012_rev7.002
分割ファイルになっています。
上のファイルを全て同一フォルダにダウンロードした後、バッチファイル(MCU2012_rev6.bat)を実行してください。
上手くいかない人はこのページからダウンロードしてください。

第3部 マイコン応用
第2部と同じテキストを使います。

付録 プログラムリストテキスト(2012年度版)
fileAppendix_program_2012_rev1.pdf

プログラム・ライブラリ(2012年度版)
fileProgram_2012_rev5.zip
※演習問題の解答例が含まれています。

マイコン基板(ver.2)回路図
fileMCU_PCBver2_CircuitDiagram.pdf

ラジコン回路図
fileRadioControlRobot_CircuitDiagram.zip

テキスト等をSky Driveにupしました。
このページからダウンロードできます。