VS Codeをカスタマイズ

慶應義塾大学ロボット技術研究会その1

こんにちは、一年のbesshyです。F3RCでは制御班に所属していました。今はNHKロボコンにむけて手動機の足回り制御を手伝わせてもらっています。

さて、今回はVS Codeについて書こうと思います。皆さんはVS Codeを使ってますか?VS Code(Visual Studio Code)はMicrosoftが提供しているエディタです。ただのエディタですが、見た目もかっこいいですし、使い勝手もよくておすすめです。クロスプラットフォームで、多数の言語をサポートしており、構文ハイライトやIntelliSenseサポートもついています。今回は今僕がいれているVS Codeの拡張機能についてまとめようと思います。

まずはじめに

今回紹介する拡張機能についてインストール方法をすべて書いていくと終わりそうもないので、詳しいインストール方法は割愛します。詳しいインストール方法は他サイトを参照してください。ざっくり説明するとアクティビティバー(画面の一番左)の一番下のアイコンが拡張機能というアイコンになっているはずなのでそれを押すと、サイドバーに検索ボックスが表示されます。そこで入れたい拡張機能を検索すればokです。

デフォルトだとこんな感じです。

vscodedefo2

これだけでも結構使いやすいエディタですが、ここから拡張機能を追加していきます。

PlatformIO IDE

簡単に言うとマイコンにプログラムを書き込める拡張機能です。

platformIO3

インストール画面はこんな感じです。僕はすでにこの拡張機能が入っていてインストールのボタンが表示されていませんが、インストールされていない状態だと緑色のインストールボタンが表示されていると思います。

platform1

インストール後はこんな感じです。上の画面で右上のNew Projectを選択します。

platform2

プログラム名と使うマイコンボードを566種類の中から選択することができます。これで新しいプロジェクトが作られるとコーディングできるようになり、書いたコードをマイコンに書き込むことができます。皆さんが普段つかっているmbedのcompilerはブラウザ上でしかつかえないので、wifiの状態が悪い場所では使えませんがこの拡張機能があれば基本的にどこでもマイコンにプログラムを書き込めます。作業場所に困ることが減るかもしれませんね。

Bracket Pair Colorizer

ペアとなる括弧を同じ色に色付けしてくれる拡張機能です。特に式などを書いたときに括弧の対応がわかりやすくなるので、結構便利です。

bracket1

bracket2

こんな感じに括弧が色付けされて見やすいし綺麗です。

indent-rainbow

各行の先頭にあるインデント(空白)を深さごとに色付けしてくれます。

indent1

indent2

こんな感じです。(なんか16行目にインデントがある。(笑))

変なインデントがあると濃い赤色で表示されるため綺麗なコーディングができます。

Dracula Official

これは好き嫌いに個人差があるかもしれませんが、VS Codeの背景のテーマの拡張機能です。これをいれると下の写真のようになります。

dracula1

dracula2

シックな感じになって個人的にはおすすめです。

VS Live Share

今回この記事を書こうと思うきっかけになった拡張機能です。これはいわゆるペアプログラミングが遠隔の人とできる拡張機能で、コードの共同編集ができます。今年の5月にパブリックレビューが公開され、新しく追加されました。

vsliveshare

liveshare2

一緒にコードを書いてくれる友達がいなかったので結構悲しい感じ(笑)になってしまいましたが、上の写真の左右は別々の人と考えてください(toshiki0113-rogikenが2人いますね)。同じコードを複数人で書くことができて、コードを書いている場所に書いている人の名前がリアルタイムに表示されます。Slackなどをとなりに表示させて会話しながら一緒にコードを書くもよし、教育にもつかえそうな機能です。

 

おまけ

waka time・・・作業時間を自動で計測して、可視化してくれる拡張機能です。wakatimeでのアカウント登録が必要になります。

Image preview・・・コメントアウトに画像のURLを埋め込むことができる拡張機能です。URLの部分にカーソルを持っていくとその画像が表示されます。複雑な式をコメントに含めないといけないときに便利です。ネタ画像を含めたい人にもおすすめです(笑)。

background・・・僕はまだいれていないんですが、背景に画像を埋め込める拡張機能みたいです。目の保養のためにアニメキャラクターを設定している記事が多く見つかります。(笑)

他にもいろんな拡張機能があると思うので、自分好みにカスタマイズしてみると面白いとおもいます。

 

広告

ロ技研の良いところ

こんにちは、最近自分のクズさに気づいて人格の再形成に取り組んでいる慶應ロ技研のゲス極です。そろそろクリスマスですね。街行く楽しげなカップルを目にして日に日に怒りに似た哀しみが増しています。さて、今日は自分が感じているロ技研の良いところについて書きたいと思います。

まず、ロ技研のメンバーはみんな意識が高いです。学校の成績も良いし、地頭も良いです。様々な時事に詳しい人、留学を目指して英語を頑張る人や、学校の勉強だけでなく自分のために休日も朝から勉強している人もいたりします。また、普段の勉強から何から何まで頼りになる人もいます。(いつもありがとうございます。)そんな皆さんを見て僕はいつも感心しています。テスト前などは結構開き直って、もうテストなんかどうでも良いという気持ちが芽生えてくるのですが、友人が刺激となって「やらなくては」という気持ちになります。これはたるみがちな大学生活において大事なことだと感じています。また、少ないけど女性の方もいて、女子が少ないとわかっていても怯まずに入部するところがすごいし、そんな彼女たちはさすがにみんなまじめで積極的に活動に参加しているので二重で尊敬しています。

また、皆さんとても真面目で大人です。しょうもない一般の大学生のノリなどロ技研には存在し得ません。筆者と元代表を除いてお酒を飲み過ぎて他人にだるがらみする人などもちろん存在しません。

僕がこんな記事を書いたのは、皆さんがとてもまじめな記事を書くのでコーヒーブレイク的なものがあってもいいんじゃないかと思ったのと、他メンバーのような技術的知識がなかったからです。今回はこれくらいで勘弁してもらいたいです。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。